休養

肉体的健康のために必要な要素のひとつ、「休養」に関して記します。

運動を適度にし、栄養を十分に摂っても、それを肉体に反映させるためには休養が必要です。肉体は寝ている間に整えられるため、睡眠を取り「休む」ことは最も大切です。睡眠不足は、疲労感をもたらし、情緒を不安定にし、適切な判断力を鈍らせ、病気のリスクを高めるなど、生活の質に大きく影響します。
また、自分が気持ち良いと感じるような適度な運動や趣味の活動などで気分転換をし、英気を「養う」ことも大切です。

肉体的健康を維持するためには、「休む」ことと「養う」こと両方の要素をバランスよく取り、生活の質を向上させ、健康で豊かな人生の基礎をつくることが重要です。

【泣く】感涙不足を解消してストレスコントロール、涙と健康について

2018/9/12  

最近、泣いたことはありますか? ヒトは乳幼児の頃はよく泣きますが、成長するにつれて泣く機会が減っていく傾向にあります。 幼い頃に泣いた時の記憶がなかったり、久しく泣いたことがない方も、泣くと少しスッキ ...

Copyright© 健康しるべ。 , 2020 All Rights Reserved.